. サルバドール・サンチェス  (メキシコ) 生涯戦績44勝(32KO)1敗1分

   
   ボクサーにはいろいろなタイプがあります。今まで紹介した選手をタイプ別に分けても、強打・防御
  試合運び・テクニックすべてにおいて完璧だったアルゲリョ、強烈な右クロスと抜群の防御勘を誇った
  日本が世界に誇れる数少ないボクサー村田英次郎、無骨なテクニックながらも驚異的な突進力と
  重いパンチ・ハリケーンのような連打を誇ったホセ・ルイス・ラミレス、一打必倒どころかあまりの
  強打ゆえに、次々と相手を病院送りにしたピピノ・クエバス。いずれの選手も自らのボクシングスタイルを
  完成させ、最後は燃え尽きたようにリングから去っていった。しかし、抜群の実力を誇りながら、さらに
  成長段階でリングを後にした例も少なくない。多くの場合は自分の才能におぼれ、栄光をつかんだ途端に
  誘惑という甘さに負けてしまい、自己崩壊してしまったどうしようもない場合が圧倒的だ。
  しかし、運命のいたずらの為に我々の前から姿を消してしまった天才ボクサーも少なくはない。
  今回はその中で最も才能にあふれ、かつどこまで強くなるのかその底を見せなかった1人のボクサーに
  ついて語っていきたいと思います。

   そのボクサーはボクシング王国メキシコに生まれた。喧嘩番長や貧しさから身をおこすのが
  ほとんどのメキシコボクシング界において、中流家庭に生まれ、幼い頃から勉強好きで、成績優秀、
  将来は医者になるのが夢という少年、サルバドール・サンチェスはそのとき自分が歴史に名を残す
  天才ボクサーになるとは思ってもみなかった。きっかけはひょんなことだった。10代前半の頃
  ひょんなことからアマチュアボクシングの大会に参加することになったサンチェスにとって、ボクシングは
  単なるスポーツの一環にすぎなかった。ところが素人同然のサンチェスが試合で相手をバタバタと
  倒していく。サンチェス自身も驚き、友人たちはその才能のすごさにボクシングを続けることを提案した。
  ボクシング王国メキシコでは考えられないようなボクサー人生のスタートだった。

   プロ入りしてからもその優れた才能を発揮し、対戦相手を次々とマットに沈めていった。
  破竹の勢いを続けるサンチェスに人気が出ないわけがなかった。おまけにロック歌手顔負けのハンサムな
  マスク。対戦相手もサンチェスのあまりの強さに尻込みし、なかなか相手が決まらなくなってきた。
  国内ランクも上がりついにメキシコバンタム級タイトルに挑戦。サンチェス優位のまま試合は進んだが
  露骨な地元判定で初の黒星。かねてから減量苦に悩まされていたサンチェスは2階級上のフェザー級に
  階級を上げた。転級してからもサンチェスの快進撃は続いたが、ここまで圧倒的に勝ち進むと心に
  隙ができるところはサンチェスも人の子。ファン・エスコバルとの対戦では強烈なダウンを喫し、辛くも
  引き分けで逃れた。しかし、この苦戦を良薬にサンチェスはさらに気を引き締め、次々と対戦相手を
  マットに沈めいつのまにか世界ランク1位までに上り詰め、ついに世界挑戦が決まった。。

   しかし、時の王者はダニ−・ロペス。対戦相手の90%以上をマットに沈め、8度の防衛戦をすべて
  KOで飾っている強打の1流王者だった。対戦相手が口を揃えて「頭の芯まで効くものすごいパンチだった」
  という強打はものすごい切れと破壊力を持った一級品のパンチ。対するサンチェスはメキシコ国内では
  有名だったが、世界的にはほとんど無名で、さらにエスコバルとの苦戦、前哨戦の出来の悪さに
  ロペスの圧倒的優位が噂され、何ラウンドにロペスが倒すか?そういった下馬評の中敵地にのりこんだ。

   試合が始まると強打をふるって突進するロペスのすべての強打にあわせてカウンターを打ち込む
  サンチェス。左ジャブすらカウンターで命中するのだからロペスにとってはたまらない。両目を切って
  苦戦するロペスに対し、サンチェスはクールにすべてのパンチをカウンターで打ち込む。しかもロペスの
  強打が命中してもサンチェスは倒れない。驚異的なタフネスをみせ、さらにいっそうロペスをうちまくる。
  13R、一方的にロペスが打ちまくられたところで試合はストップ。新王者が誕生した。
  無敵を誇ったロペスの強打をはねのけ、滅多打ちにしての勝利。世界中にこのニュースが発信された。

   サンチェスの初防衛の相手はアルゲリョを徹底的に苦しめた、ルーベン・カスティーヨ。ダニー・ロペスの
  スパーリングパートナーをつとめた時、ロペスを滅多打ちにして、それ以来ロペスに徹底的に避けられ
  挑戦を受けてくれたのが1階級上のアルゲリョ。そのアルゲリョが「カスティーヨは実に強い」と
  苦戦を認めたほどの実力派。アルゲリョに敗れるまで43連勝を記録していたまさに無冠の帝王だ。
  カスティーヨの挑戦を堂々と受けたサンチェスは、カスティーヨのテクニックに大苦戦。辛くも判定を
  拾ったが、敵地でこの強豪に堂々防衛したことは、サンチェスにとって大きな自身となった。
 
   2度目の防衛戦はロペスとの再戦。前回の思わぬ敗戦に背水の陣で臨んだロペスだったが、
  前回以上に打ちまくられ、13Rたったまま失神。引退へと追い込まれた。
   後の世界王者ラポルテ、長身の技巧派フォード、スペイン王者カスタノンを退けたサンチェスの前に
  1階級下から怪物王者が挑戦してきた。その名はウィルフレッド・ゴメス。(プエルトリコ)

   デビユー戦を引き分けて以来、35試合のすべてをKOでかざり、日本では豪打のロイヤル小林を
  わずか3RKO、KOアーティストと呼ばれたメキシコのカルロス・サラテを5RKOで葬った、まさに
  怪物中の怪物王者だった。その左フックは相手のピンポイントを捕らえ、一発で葬り去る、芸術的な
  パンチだった。「KOキング」や「バズーカ」と呼ばれたその強打でJr・フェザー級のタイトルを13度
  すべてKOで更新している最中でまさに昇り竜のような勢いだった。メキシコ対プエルトリコの
  カリブ海対決はゴメス圧倒的有利の予想で開催された。

   1Rが開始するといつもと違いゴメスがすぐにでも試合を終わらせてやるといわんばかりに、猛然と
  打って出る。サンチェスは冷静にそれをさばき、ゴメスに罠を仕掛けるべく右のガードを下げた。
  待ってましたといわんばかりにゴメスが左フックをカウンターであわせようとしたその瞬間、なんと
  サンチェスのアッパー気味の右フック、そして左アッパーがカウンターでヒット。ゴメスはもんどりうってダウン。
  この一発は効いた。猛然とラッシュするサンチェスにゴメスは体をよじらせながら、なんとか1Rを
  しのいだ。このダメージは深刻だった。ポイントを取り返そうといつもと違い冷静さを失った、ゴメスの
  猛烈な連打をサンチェスは冷静に対処。ロペス戦を髣髴させるかのような左のジャブ、ストレートが
  クロスでびしびしとゴメスに当たる。カウンターパンチャー同士でこれほどまでに一方がカウンターを
  命中させる試合も珍しい。しかし、ゴメスも怪物王者の意地を見せたのか7R、強烈な左フックを
  命中させた。誰もがこれで終わったと思ったが、なんとサンチェスはぐらつきながらも倒れない。
  驚いたゴメスが猛然とラッシュし、かなりのパンチをヒットさせるがサンチェスは足に根が生えたように
  びくともしない。試合の趨勢が混沌としてきたように思われた8R。フィナーレは突如やってきた。
  7Rの攻勢を勢いに一気に試合を終わらせようとするゴメスの猛攻の一瞬の隙を突いたサンチェスの
  左フックがクロスで命中。動きの止まったゴメスにボディフック3連発。ずるずるとロープに後退するゴメス。
  サンチェスは一気にラッシュした。温存していた破壊力満点の右ストレートがヒット。ロープに吹っ飛び
  体をくねらせるゴメスに左の連打、さらにはもう一発強烈な右ストレート。ロープに引っかかり転げ落ちる
  ようにゴメスが沈んだ。朦朧としているゴメスは立ち上がったが戦える状態ではない。
  KO。サンチェスの見事なKO。これによりゴメスにかわってサンチェスがカリブ海随一のボクサーとなった。

   サンチェスはその卓越した才能のみで世界の頂点に上り詰めた天才ボクサーだ。そのボクシング
  スタイルはなんとも形容がしがたい。左のパンチはジャブ・フック・ストレート・アッパーすべてがスピードに
  あふれ切れも鋭い。しかしこと右のパンチはスピードをのぞけば「お前。素人だろう」と言うくらい稚拙で
  切れもない。しかし、この右のパンチは非常に破壊力があり、しかもテンポが遅れて飛んでくるので
  世界の超1流ボクサーですらよけられなかった。いわゆるナチュラルに相手にパンチを当てるセンスが
  飛びぬけてうまかった。さらに打つパンチすべてがカウンターになってるのではというほど相手の
  攻撃の隙を見抜く動態視力が並外れていた。これほどスムースにクロスを打てる選手はお目にかかった
  ことがないほどだ。さらに、すらりとした外見に似合わず並外れた頑丈な体と体力の持ち主だった。
  その証拠にロペスやゴメスの並外れた強打を直撃されても、けろりとした顔だった。さらに防御技術も
  天性のものがあった。これだけタフなのにもかかわらず、相手のパンチを微妙に殺すテクニック、
  ブロッキングなどは誰が教えたわけでもないのに非常に巧妙だった。
   更に、最小限の力で相手に勝つ、いわば無駄なエネルギーを使わないというのか?フォードや
  ガルシア、コウデルなどの2流選手に対してもてあましながら勝つ一方、ロペスやゴメスなどの強豪を
  徹底的に打ちのめして勝つという不思議な強さを持つ選手だった。しかし、試合のたびにテクニックは
  さらに磨かれていくという実戦タイプのボクサーでもあった。

   防衛を続けるサンチェスに再びビックマッチが組まれようとしていた。2階級上のライト級王者となった
  アルゲリョとの対戦が決まりつつあったのだ。まさに夢のカード。9度目の防衛戦が勝利に終われば
  この試合は組まれることになっていた。しかし、防衛戦の相手が怪我をしたり、代役がなかなか決まらず
  最終的に決まった相手はアズマ−・ネルソン。当時は無名だったが、後に名王者として君臨する
  実力派の選手だった。ネルソンはサンチェスが想像していた以上に強敵で、7Rダウンを取った事を
  のぞいては、徹底的なネルソンの前進攻撃に苦しめられ、ポイントも接近したものとなっていた。
  シーソーゲームの結末は15Rだった。サンチェスの左フックが命中しネルソン、ダウン。
  サンチェスの激しいラッシュにレフリーが割ってはいり、試合終了。TKO勝ちとなった。

   残すは夢のアルゲリョ戦。しかし、この試合が開催されることはなかった。ネルソン戦のわずか
  25日後、サンチェスの運転する白いポルシェが対向車線のトラックに激突した。即死だった。
  享年23歳。これからどこまで強くなるのか全く底を見せないうちに、完成されることなくこの世を去った。
  彼の死後3年とたたないうちに、チャベスやロサリオ、カマチョやラミレスなどの強豪がライト級に
  名を連ねつつあった。もし、サンチェスが生きていたら...。彼らの実力を見るとその対戦が実現
  しなかったことはあまりにももったいない。自堕落な生活を送り破滅的な最後を送った天才型の
  ボクサーが多い中で、引退後は医者になるのが夢だった未完の大器サンチェスの存在は、あまりに
  光り輝きすぎていた。その強烈な輝きを神が求めて急ぐように天に召したのだろう。

  彼以上の未完の才能と素質を持ったボクサーを、その後私は目にしたことがない。